アパート建築と立地

アパート建築やその後の経営で大切なことはいろいろありますが、そのひとつが立地条件です。貸事務所やテナントなどと比べて、アパートは立地があまり関係ない土地活用だという説があります。しかし、入居希望者の側から考えると、それぞれの人がどういった場所に住みたいかという希望をもっています。そのため、どういった土地にアパート建築をしても、入居者は集まるということはないのです。

いざアパート建築を終えて経営をはじめても、入居者が集まらなければ立ちゆかなくなってしまいます。どんな土地がアパート建築に適しているかはいろいろな考え方がありますが、思わぬ落とし穴もあるので注意が必要です。たとえば土地条件はよかったものの、近くに牛舎があって臭いがきつくて入居者が集まらなかったということもあります。ほかにも、車の往来が多い大きな道の近くにファミリー向けのアパートを建てて、失敗したという例もあります。

一般的に、近所にあると嫌がられる施設などもあります。駅が近い、スーパーなどが近所にあるといった利便性に目が行きがちですが、そういったことも十分に考慮することが大切です。もちろん、近所にあると生活の質が上がるような便利な施設があることも大切な要素となるでしょう。土地を選ぶ際には、さまざまなことを考慮する必要があります。つづいては、土地の選び方について具体的に考えていきます。これからアパートの建築や経営をしたいと考えている人はチェックしてみてください。